IMG_2042'''.jpg

生命の分子機械が働く「しくみ」をとことん明らかにし、応用展開を目指す

生命の分子機械が働く「しくみ」をとことん明らかにし、応用展開を目指す 当研究室では生命科学を基盤とし、基礎から応用まで幅広く研究を展開しています。

1.ゲノム情報発現の制御機構の解明
当研究室では、ゲノムから機能的RNAが作り出されるまでの過程―すなわちエピジェネティック制御、転写の開始・伸長・終結、RNAプロセシングという一連の過程―の解明を目指しています。我々の体を構成する1つ1つの細胞は、同一のゲノムを持っているにも関わらず多彩な機能を果たしています。これは、ゲノム情報の発現が時空間的に極めて巧妙に制御されているためです。当研究室では、ゲノム情報発現の過程を制御するタンパク質因子群を同定し、それらの働きを詳しく解析しています。こうした地道な基礎研究の積み重ねは、一例を挙げればES細胞がES細胞らしい性質を持っているしくみの解明などに役立ちます。

2.医薬品などの低分子化合物を用いたケミカルバイオロジー
  複雑な生体システムを研究する上で、低分子化合物は非常に有効なツールです。ある化合物が生体に影響するしくみの解明は、標的タンパク質が関与する未知の生体内分子ネットワークの解明につながります。さらに、用いた化合物が医薬品の場合、こうした知見は創薬にもつながります。ケミカルバイオロジーというのは、こうした課題に取り組む学際的な研究分野で、当研究室では独自のアフィニティーナノ粒子を用いた薬剤標的タンパク質の単離・同定をベースに研究を進めています。